滋賀県で構造設計事務所をお探しなら構造設計に長年の経験と実績がある当社におまかせください!

耐震診断

  • HOME »
  • 耐震診断
taisinrogo

■ 耐震診断とは

耐震診断とは建物の健康診断とお考え下さい。

地震が起きた際にその建物が安全か判断する診断を行います。

診断の結果で補強などが必要な場合は補強を計画し検討します。

1981年以前に建てられた建物(旧耐震基準)やバランスが悪い建物、大人数が居住している

建物等の建物は積極的に耐震診断を受けられることをお勧め致します。

*阪神淡路大震災において1981年以降の新耐震基準で建てられた建物は比較的被害が少なかったと言われています。

■ 耐震診断実施義務

1981年以降の新耐震基準以前に建てられた病院やデパートなどの大型施設に耐震診断を義務付ける改正耐震改修促進法が平成25年6月可決、成立しました。

地方自治体による診断結果の公表や、建物が耐震基準に適合していることを示すマークの新設も盛り込んでいます。

耐震診断期限は2015年末で、耐震診断の対象は政令で定めるられる。

国交省はデパートや病院は延べ床面積5千平方メートル以上とし、避難が困難な児童や高齢者が利用する施設はより小さいものも含まれる事になります。

■ 耐震診断の流れ

taisinsindanflow

 

 

 

shigakenkentikusijimusyokyoukai kansaikouzousekkeijimusyokyoukai

taisinflow

 

 

1.予備調査

ご依頼の建物の図面のみで調査致します。

診断に必要な情報を取集します。

2.耐震診断の必要性

耐震診断には1次診断・2次診断・3次診断の3つの診断方法があります。

1次診断(簡易診断)で異常があった場合2次診断・3次診断を行うことになります。

3.耐震性能を判断する

耐震診断の結果を受けて、建物を建て替えするか補強するか判断致します。

4.耐震補強設計

耐震補強の必要性が高いものについて詳細な情報に基づき、補強の必要性の最終的な診断をし、補強方法の選定及び補強効果の確認を行うことを目的としています。

■ 対応可能な構造種別

鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・木造、その他

■ 耐震診断対応エリア

滋賀県・京都府(その他要相談)

■ 所属団体

関西構造設計委員会

社団法人日本建築構造技術者協会(JSCA)

■ お気軽にご相談ください

当社には2名の構造設計一級建築士が在籍しております。

耐震診断をご検討中の方や今後耐震診断を検討する可能性のある方も安心してご相談ください。

■ 耐震診断補助金制度

滋賀県耐震診断補助金制度はこちらでご確認ください。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 077-525-6844

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 合同会社 前畑建築事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.