滋賀県で構造設計事務所をお探しなら構造設計に長年の経験と実績がある当社におまかせください!

定期報告制度

  • HOME »
  • 定期報告制度

 

Q1.定期報告制度とは?

 多数の方が利用する建築物では、火災や災害等が発生したときなどに、不適切な維持管理が原因で、惨事につながることがあります。
こうした自体を防ぎ、建築物を安心して使い続けるためには、建築物や建築設備の定期的な点検が重要であり、
建築基準法では多数の方が利用する建築物やその建築設備について、その所有者などが、専門の技術者に定期的に調査・検査させ、その結果を特定行政庁に報告するように定めています。

定期報告制度による定期的な調査・検査をおこなうことで、建築物での事故を防ぎ、安全性を保つとともに、不具合や痛みを早期発見することにより、経年劣化を防ぎ建築物の資産価値を維持・向上させることを目的としています。

定期報告制度は、危険を未然に防止するため建築物、建築設備及び昇降機等について、調査・検査資格者が適確な維持管理がされているかどうかを調査・検査し、その結果を報告するという、建築基準法第12条で定められた極めて重要な制度です。

Q2.どんな建築物・建築設備・昇降機等が対象になっているのですか?

 建築物と建築設備については、多くの人が利用する集会場、劇場、病院、福祉施設、ホテル、共同住宅、学校、店舗などで、一定規模以上のものが対象になっています。(特定行政庁毎に定められています。)

又、昇降機についてはエレベーター、エスカレーター及び小荷物専用昇降機が対象になっています(住宅の用途に供する昇降機を除く)。その他、遊園地にあるメリーゴーランドやジェットコースターなどの遊戯施設も対象になっています。

Q3.どんなことを調査・検査するのですか?

 建築物については、構造、躯体、外壁等の仕上げ状況や防火・避難等に関する事項、建築設備については、下記の3種類が対象となっています。  なお、具体的な調査・検査の項目(内容)は、各定期検査業務基準書に掲載されている調査・検査結果表に記載されています。

対象となる建築設備

換気設備

換気上有効な窓のかわりに設置した第1種機械換気設備又は、中央管理方式による空気調和設備が該当します。

・検査の内容は?

機械換気設備等の運転状態に異常はないかなどの検査を行います。

排煙設備

排煙機を設けた設備が該当します。

・検査の内容は?
防煙区画の是非、排煙口の開閉作動状態、排煙機の運転状況並びに排煙状況などの検査を行います。

非常用の照明装置

電池別置型、発電機型等が該当します。

・検査の内容は?
規定の明るさがあるかどうかなどの性能や外観検査を行こないます。

 

Q4.定期報告の手続きの流れはどのようになっていますか?

①各都道府県が指定する法人等 建物の所有者又は管理者(所有者と管理者が異なる場合は、管理者)にて定期報告制度のお知らせをお送りします。※1
②所有者・管理者  所有し又は管理する建築物が、対象建築物にがいとうするかご確認のうえ、該当する場合は、調査者・検査者に業務を依頼してください。
■資格者・調査者は下記のいずれかの資格が必要です。
・一級建築士又は二級建築士
・建築基準適合判定資格者
・登録調査資格者講習修了者(建築物のみ)
・登録建築設備検査資格者講習狩猟者(建築設備のみ)
③調査者・検査者  ①建築物の調査・」検査を実施してください。
■建築物の定期調査の対象となるもの
敷地及び地盤、建築物の外部、屋上及び屋根、建築物の内部、避難施設など。
■建築設備の定期検査の対象となるもの
換気設備で風道を有するもの、排煙機を有するもの、非常用の照明装置。
②調査・検査結果や是正の状況・結果を踏まえ定期報告書を都道府県が指定する法人等に提出してください。
④特定行政庁  ①定期報告書の内容を確認します。
②定期報告書を受理し、都道府県が指定する法人等からの連絡・指示事項をお伝えします。
⑤調査者・検査者  所有者は管理者に定期報告書を渡し、都道府県が指定する法人等からの連絡・指示事項を伝えてください。
⑥所有者・検査者  都道府県が指定する法人等からの連絡・指示事項を確認してください。
・連絡・指示事項がない場合は、引き続き適法な維持保全に勤めてください。
・連絡・指示事項がある場合は、改善を実施し結果を都道府県が指定する法人等に報告してください。

※1 お知らせの有無にかかわらず、制度の対象となる建築物であれば、定期調査・検査と定期報告が必要です。なお、新築又は全部の改築で検査済証の交付を
受けた建築物は、交付後最初の定期報告のみ免除されることがありますので、詳細はお問い合わせください。

各都道府県が指定する法人等に提出し、書類の内容チェック後、管轄の特定行政庁に報告されます。

Q5.提出に必要な書類は何がありますか?

  報告書・概要書、控(報告書)が必要となります。

 

<参考>
対象となる建築物

大津市
草津市
京都府
京都市

 


teikihoukokurogo

お気軽にお問い合わせください。 TEL 077-525-6844

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 合同会社 前畑建築事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.